おまきざるの自由研究

好奇心の赴くままに

母をたずねて三千里のアメデオは何と言う種のサルなのか検証した

【スポンサーリンク】
f:id:browncapuchin:20171129052345p:plain

母をたずねて三千里 第1話「いかないでおかあさん」 - YouTubeより) 

母をたずねて三千里に登場するアメデオは何ザル?

母をたずねて三千里というアニメをご存じでしょうか?

カルピスこども劇場の第2作として1976年1月〜12月に放送されていました.

イタリアに住む少年マルコ(9歳)が,アルゼンチンに出稼ぎに行った母を訪ねて旅に出発,2年かかってようやく母に会うという物語です.

マルコはイタリアから出国する際,アメデオというサルを連れていきました(「アメディオ」ではなく,「アメデオ」が正しい)

アメデオはマルコの兄,トニオのペット.白い体色で顔が茶という風貌をしています.

f:id:browncapuchin:20171128125853p:plain

 (母をたずねて三千里 第2話予告「ジェノバの少年マルコ」 - YouTubeより)

 

ところで,アメデオは一体全体何という種のサルなのでしょう?

アメデオは何という種のサルなのか?

ハヌマン・ラングールではない!

放送終了後40年もたった今頃になって気になり,「母をたずねて三千里 サル」で検索しました.

すると,yahoo知恵袋()にはなんとハヌマン・ラングールという驚愕の回答が(画像もyahoo智恵袋より)

f:id:browncapuchin:20171128135450p:plain

 

白っぽい体毛に黒い顔というのはたしかにアメデオっぽくはありますが,ハヌマン・ラングールの主な生息地はインドやスリランカとなっています.でも,設定は違うんですね.

日本アニメーションによるとアメデオは南米産のサル

日本アニメーションによると,アメデオは南米産のサルとされています.

f:id:browncapuchin:20171128140731p:plain

母をたずねて三千里 | 作品紹介 | NIPPON ANIMATIONより)

◆アジア・アフリカに生息するサルは旧世界ザル,中南米に生息するサルは新世界ザルと呼ばれます.

アメデオはまぎれもなく新世界ザルなのに対し,ハヌマン・ラングールは旧世界ザル.したがって,アメデオ=ハヌマン・ラングール説は間違いです.

体の大きさから考える

ハヌマン・ラングールはヒト以外の霊長類では中型タイプ.体長40〜70cm,尾長70〜108cm,体重5.5〜23kgになります.

仮にアメデオがハヌマンだとしたらまだかなり小さい子どもの個体となります.
ですが,それはありえません.

次のシーンはマルコの母アンナがアルゼンチンに出発してから1年後,まだマルコとアメデオがイタリアにいる第2話の一コマ. 

f:id:browncapuchin:20171128134902p:plain

 (母をたずねて三千里 第2話予告「ジェノバの少年マルコ」 - YouTubeより)

カゴの中にはボトル・野菜・魚等が入っています.イタリア人男児の腕力がいかほどかはわかりませんが,相応の体重のサルがカゴの端っこに乗ったら片手持ちで走りながら運搬するには手が余るでしょう.アメデオの体重は500gもないのではないかと思われます.

しかしながら,2年にわたるマルコとアメデオの旅を経た後でもアメデオの体サイズに変化はみられません(マルコの年齢および旅の期間の根拠はこちら).

こちらは母アンナと再会した後のマルコとアメデオ(最終回第52話,画像はYouTubeより)

f:id:browncapuchin:20171129052601p:plain

むしろマルコの成長により,アメデオが相対的に小さく見えなくもないという.

ヒトも含め,霊長類の多くの種の生活史はアカンボウ期,コドモ期,ワカモノ期,オトナ期に分けられ,体サイズはそれに比して大型化します.

仮にアルゼンチン出発前のアメデオがコドモ期だったとしたら,その後,体は発達するはず.しかしながらその様子は皆目窺えません.

ということは,チンパンジーやオランウータンといった大型類人猿のような成長に時間がかかる種ではなく,アメデオは早い段階で体サイズの成長が終了するタイプの霊長類と考えられます.

アメデオは何という種のサルなのか?

アメデオは新世界ザルのなんという種に該当するのでしょうか?

その前に,中南米に生息する新世界ザルについてざっくり説明しておきます.

新世界ザルとは(ざっくり説明)

新世界ザルは体サイズから大きく2つの仲間に分類されています.

一つはより大型(概ね体重1kg以上)のサル達.オマキザルやクモザルの仲間です.

もう一つはより小型(概ね体重1kg以下)のサル達.マーモセットやタマリンの仲間です(画像は京都大学霊長類研究所等を参照してください)

オマキザル科のサルの多くは尾に特徴があります.それは枝等をつかむことができる尾です.尾の先の内側には毛が無く,指紋のような紋様=尾紋があります.尾紋をもつ尾で枝をつかみ,ぶら下がることができます.

一方,マーモセットやタマリンには枝をつかんでぶら下がることができる尾がありません.アメデオが尾で何かにぶら下がったシーンは登場しなかったのではないでしょうか?(もしあったらお知らせくださると有り難いです)

さらに加えると,マーモセットやタマリンという種は成長が早い種といえます.例えば野生のライオンタマリン(ゴールデンライオンタマリン)は約18ヶ月齢で成熟個体の体重に達するとのことです(『サルの百科』,p.65)

以上,体サイズ,成長速度,尾の特徴から,アメデオは「南米産のサル」のうちマーモセットもしくはタマリンに該当すると考えられます.

アメデオのモデルはシルバー・マーモセットか?

ではアメデオのモデルになったのはどのマーモセットもしくはタマリンでしょうか?

候補の一つはこれ,シルバーマーモセットです.

f:id:browncapuchin:20171130161406j:plain

(『サルの百科』,p.60より.下の画像も)

尻尾の色も体毛と同じようです.

f:id:browncapuchin:20171130161540j:plain

 

ただ,顔と手足の色はアメデオと違います.

上半身だけならフタイロタマリンのほうがそれっぽいです.

f:id:browncapuchin:20160616122402p:plain

http://i.gzn.jp/img/2007/05/24/10animals_may_go_extinct/368386751_af4015248a_o.jpgより)

 

他にも顔が黒いマーモセットやタマリンはいるのですが,全身の体毛が白色かつ顔・手足が黒または茶という新世界ザルは知りません.

◆結論です.

アメデオに合致する新世界ザルはいない,したがってアメデオはシルバー・マーモセットの体色に他種の顔と手足の色を組み合わせた架空のサルと考えられます.

おわりに

ここまで書いて,もう一度アメデオについて検索したら,マダガスカルにしか生息しないベロー・シファカという説も見つけました.

しかしながら,ベロー・シファカは旧世界ザルである上,全身の体毛は白色ではあるものの頭部は茶色,しかも移動方法(ロコモーション)は後肢二足によるジャンプ(『サルの百科』,p.37より) .とてもじゃないけどアニメの中のアメデオの動きとはまったく異なります.

もしかしたら設定資料集にアメデオについての疑問の答えが書いてあるかもしれません.しかしながら価格が高すぎるためポチれません・・・

 

どうやら板橋区の図書館に蔵書しているようなので機会をみつけて利用するかもしれませんが,取り急ぎ今回のエントリーはここまでとします.お読みくださりありがとうございました.

ではまた!

 

2018年4月5日,『母をたずねて三千里』監督の高畑勲さんがご逝去なされました.数々の素晴らしい作品をありがとうございました.心からご冥福をお祈りいたします.

プライバシーポリシー/Copyright©2015-2018 おまきざるの自由研究 https://www.omakizaru.com