おまきざるの自由研究

好奇心の赴くままに

隔週刊第二次世界大戦傑作機コレクション全80号は総額¥16万!【デアゴスティーニ】

【スポンサーリンク】

第二次世界大戦傑作機コレクション

サンダーバード2号を作るかどうかでまだ葛藤してるというのに,デアゴスティーニは次なる刺客を送り込んできました.

 

f:id:browncapuchin:20160215050409p:plain
隔週刊 第二次世界大戦 傑作機コレクション | シリーズトップ
より

 

deagostini.jp

隔週刊「第二次世界大戦傑作機コレクション」です.1巻に1機,1/72スケールのダイキャストモデルの機体がついてくる,じゃなくてこれがメインです.

 

f:id:browncapuchin:20160215050702p:plain

 

駐機状態でもディスプレイできるところがちょっとツボにはまりました.何機も並べてみたい衝動が・・・

ラインナップは各国陸・海・空軍機.P-51マスタング,メッサーシュミット,スピットファイア,ヘルキャット,紫電改,零式艦上戦闘機五二型(丙)などなど.フランス空軍のドボアチンなんてのは初耳です.そこまでのマニアじゃないので悪しからず.

 

f:id:browncapuchin:20160215054658p:plain

 

ミリタリーもの,実は子どものころ大好きでした.

ミリタリージャンル漫画の想い出

私が中学〜高校の頃,新谷かおるの漫画『エリア88』と『ファントム無頼』が連載され,愛読していました.前者にはたしか零戦等の第2次大戦に登場した機体は登場しなかったようですが,後者には5巻第8話「愛機と…蛍と…零戦と…」で1度登場してました(Amazonより).コミックも全巻そろえましたが,どこに行ったんだろう?


【追記】エリア88愛蔵版全巻セットを古本で購入し,読み返したところ,.大和航空社長津雲氏の若き日の回想シーンに零戦が登場してました.書評も書いてみましたが,ドローンの登場,原油・中東情勢・ゲリラなど現代社会が抱える混迷を予言していたかのように思えてなりませんでした.

その日,悪魔は"生きろ!"といった・・・『エリア88』【漫画書評】 - おまきざるの憂鬱


他にも,もっと昔の漫画で好きだったのが貝塚ひろし作『ゼロ戦レッド』.たしか,機体の上が赤,下が青に塗り分け,海面すれすれを背面で飛び,海の青色と時機の青で擬態させ,敵の目を欺く戦法をとっていたと覚えています.

あとは月間少年ジャンプに連載されていた武論尊原作、南一平作画の『影の戦闘隊』も好きでした.主役が高校生なのに凄腕エースパイロットという設定は少々無茶がありましたが,小学生には無問題.エピソードの一つに新しい島が誕生し,最初の上陸を巡って正体不明のサーブ37と影の戦闘隊F14が闘うというのがありました.F14にミサイルが着弾する直前,主人公パイロット二人はなんとか射出座席で脱出して新島に着陸.パラシュート生地に己の鮮血で日の丸を描き,日本の領有権を知らしめるというお話がありました(第4話 血ぞめの日の丸の巻).1978年(あるいは79年)の話ですが,その35年後に西之島が噴火,陸地を拡大したニュースは記憶に新しいです.あ,第二次大戦機と関係ない話でした.すみません.

戦争の悲惨さについては,先日,広島の原爆ドームと平和記念資料館を訪問して改めて認識させられました.ただ,大戦中のものも現代のものも含めて,"ミリタリー"ものをかっこいいと思う時期って多くの男の子にはあると思います.プラモデルでも連綿とシリーズが続いているタミヤの1/35ミリタリーミニチュアシリーズや1/700ウォーターラインシリーズ,ハセガワの1:48スケール/1:72スケールの軍用機シリーズなどなど.塗装が下手くそだったのでプラモ沼にこそはまりませんでしたが,それなりの数を買ってもらいました.ケッテンクラートのエンジンが金属製だったのには感動しました.

眠っていた男子のミリタリー魂を呼び起こすかのような今回の"隔週刊「第二次世界大戦傑作機コレクション」",ですが,さて,総額はおいくらになるでしょう?

総額

・創刊号は特別価格999円税込み
・以降は特別価格1,998円税込み
・マガジン保存用のバインダーは20回分を保存可能。特価期間のみ699円、それ以降は1,328円
・全80号の予定
ということで・・・

(1×999)+(79×1998)+(1×699)+(3×1328)=16万3,524円

バインダーを先に4冊購入するなら16万1,637円です.

なんと,週刊「サンダーバード2号&救助メカ」の総額15万3,792円を上回りました.

 

browncapuchin.hatenablog.com

 

正直言って,「第二次世界大戦傑作機コレクション」を買うならサンダーバード2号を買います.いや,どっちも買えない買わないんですけどね(紫電改だけ買いました!).

ただ,どうしても気になる機体があったら「第二次世界大戦傑作機コレクション」を衝動買い・・・いや,たぶんしない.

とはいえ,「第二次世界大戦傑作機コレクション」なら,好きなところ,例えば日本海軍シリーズとか米国海軍シリーズとかだけを集めるとか,ドイツ空軍とイギリス空軍だけを集めるとか,好きな機体だけを集めて編隊を組む,なんて遊び方ができるかも.そういう意味では,いったんスタートを切ったら途中で引き返せなくなる週刊「サンダーバード2号&救助メカ」よりは軍資金が少なくてすむ,かもしれません.

「いや,そんなんじゃ気が済まない.俺は空母赤城の最大搭載機数(零式21機,九九式18機,九七式27機,計66機)を集めるんだッ!」などという人は,もう勝手にしてください.そんな方のために,海軍機は翼を折りたためる仕様にしてくれたら良かったと思います>デアゴスティーニ企画担当者様へ

関連記事

2017年1月31日発売開始の「週刊バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン」についても書きました.


【追記】2016年4月7日

創刊号の紫電改です!(未開封・・・もったいなくて)
ヨドバシか楽天のポイントで買おうと思って検索したらネットで定価・送料無料のところは皆無.結局,近所の書店の店頭に並んでいたのを運良く購入できました!第2号の零式52型もネットでは注文できないようです.近所の書店でも在庫1なので,買うか買うまいか葛藤しています→売り切れました(泣).迷ったら買うべきですね・・・

f:id:browncapuchin:20160509044809j:plain


【追記】2017年6月25日

今月から週刊ロビ2も発売しましたね.前身の週刊ロビについても書きました.ロビでは「初回起動時に転倒し,腕が折れて煙を吹き出した」事例もあったとか.ロビ2はどうなるんでしょうね.


プライバシーポリシー/Copyright©2015-2018 おまきざるの自由研究 https://www.omakizaru.com