おまきざるの自由研究

マネーと本、ワイン、お弁当。たまにサルとサイエンス

2020年4月4日の雑感

【スポンサーリンク】

日記として

この記事では検索にかからないよう「ウイルス」とだけ書くことにします。記事タイトルにもウイルスは入れません。あくまで個人の雑感にすぎませんので。

 

夜、眠れない日が続いています(とは言っても朝4時には目が覚める生活がかれこれ7年くらい続いてはいるのですが)。

ウイルス関連のニュースが気になってしまい、一度目覚めるとMacを起動してあれこれネット記事をチェックせずにはいられません。

TwitterのTLにはテレビ東京アナウンサー西野志海さんのこんなツイートがあったり、


東京都のHPにはこんな数字がのっていたり。


日本も早晩ニューヨーク州のような惨状を呈するのかと危惧していますが、それにしては死亡者数が非常に少ないです。


この違いはどこから来ているのか?と思っていたら神戸大岩田健太郎教授の記事がはてなブックマークのホットエントリーに上がっていました。

georgebest1969.typepad.jp


記事には、日本ではウイルス感染検知が早期から機能したためクラスターサイズを小さくすることに成功したこと、一方で米国とイタリアではそうではなかったことが彼我の差をもたらしたのかもしれないと書かれています。

とはいえ、岩田教授は今後の展開については悲観的です。

ただ、光明は見え始めたかなと気はしています。例えばこれです。

www3.nhk.or.jp


東京都はウイルスで入院している軽症患者たちを来週(2020年4月6日)以降、ホテルに移動すると明言しました。

www3.nhk.or.jp


東京都HPの図にあるとおり、都内のウイルス陽性者(指定感染症になった「ため」入院措置となる)入院者704人中、軽症・中等症者は682名。この中にはかなりの無症状者が含まれているようです。

その方たちが病院からいなくなるだけで、中等症者・重症者に当てられる医療リソースがある程度確保できることになります。

個人の想像にすぎませんが、軽症者の措置についてはやがて自宅待機になると思われます。福岡市・北九州市では残念ながらその事例が出ています。

www.asahi.com

各自ができること

では、私達がそれぞれできることは何でしょう?

ウイルスに感染しないことが最も望ましいのですが、その最適解は他者との接触を避けること。

しかしながら、現代人にとって単独生活は不可能です。したがって、他者との接触を「できるだけ」避けることが次善の策となります。


グーグルが公表した店舗・公園・職場への外出について位置情報データについて2月16日-3月29日の5週間と今年初め5週間を比較したところ、日本では「職場を訪れた人は9%の減少」だったとのことです(グーグル、131カ国の外出データを公表 新型コロナ対策 - ロイター)。

やはりその程度の効果しかないのでしょう。総務省平成27年通信利用動向調査だとテレワーク導入率は16.2%。今ではもう少し進んでいると思われますし、今回の出来事によって加速されることが期待されはしますが、日本では出勤せざるを得ない人のほうがまだまだ圧倒的に多いのは事実。

企業活動の停止は日本では強制できませんので自粛「要請」にとどまります。これもまた受け入れられるところもあれば、そうでないところもあります。

現与党は徴税には非常に熱心ではあるものの、税を市民のために効果的に使うことにはとんでもなく消極的です。特に財務大臣はつまんないことばかり言ってます。

となると、市民にできることは自衛に他なりません。


ウイルスに感染するとどんな症状を呈するのかについての個々人が実際に罹患したときの情報はまだ乏しいです。医療情報については、かつては個人ブログも検索の上位にいたことがありました。中には克明な闘病日記もあり、参考になったことが多々ありました。

一方、今はグーグルの度重なるコアアップデートにより医療については「権威」あるページが優先表示されています。WELQ等が駆逐されたのは喜ばしい一方、関する個人ブログはなかなかヒットしません。

そんな中、0403「NY感染体験記(未確定)」|qanta|noteは高熱が数日続くこと、嗅覚が働かなくなることが記されていてとても参考になりました。こちら(これで「軽症」と言うのか。新型コロナ感染で入院中、渡辺一誠さんの手記 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン))も文章はちょっとアレですが参考になりました。

前者は自宅待機の準備が、後者は入院の準備が必要です。

結局のところ、地震国である日本では日頃からある程度の備蓄は必要ですし、平時であっても入院するときは洗面用具・タオル・着替え等一式が必要です。


「ありきたりな備え」を怠らず、家と職場の往復と食品の買い物等に行動を制限して不要不急の外出を避ける。

結局のところ、ウイルス対策はこれに尽きるのかなと思います(手洗い、うがい、飛沫を直接浴びない・浴びせないためなんでもいいからマスクを装着することは言うに及ばず)。

あとは適度な運動・睡眠・食事で健康に保つこと(※野菜350gはどこにいった?)。自分にとっては質の良い睡眠をとるのが一番難しいのですけれど。


とりとめの無い文章にお付き合いくださり、感謝いたします。

<追記>

www.asahi.com

プライバシーポリシー/Copyright©2015-2019 おまきざるの自由研究 https://www.omakizaru.com