おまきざるの自由研究

好奇心の赴くままに

新型Mac mini(Mac mini2018もしくはMac mini Pro、Pro仕様Mac mini)発売か?新型MacBookも?

【スポンサーリンク】

Bloombergから新型MacBookとPro仕様Mac mini発売のニュースが

ツイッターを眺めていたら、Macのニューモデル発売か?とのニュースが流れてきました。

www.bloomberg.co.jp

 

記事から引用します。 

米アップルは新型の低価格ノートパソコン(PC)と、小型デスクトップPC「Mac mini(マック・ミニ)」のプロフェッショナル仕様のアップグレード版を年内に発売する。ロングラン製品の売り上げの足かせとなってきたMacコンピューター不足の解消を目指す。計画に詳しい複数の関係者が明らかにした。

製品がなお開発中であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、新型ノートPCは、現行の「MacBook Air(マックブック・エア)」に似ているが、スクリーン周囲のベゼル(枠)はさらに狭くなる。ディスプレーは引き続き13インチ前後で、アップルが他の製品で採用する高解像度「Retina」を搭載する。

 

要点は2つ。

  • 新型低価格ノートパソコンの発売
  • プロフェッショナル仕様Mac miniの発売

これは楽しみです(新型MacBook発売もニュースではあるけれど割愛)。

iMacも悪くはないが、ディスプレイを選べるMac miniはやっぱり欲しい

筆者はMac mini(Late 2012)ユーザーでした。仕事場では2014年モデルも現役で使用中ですが、私用メインマシンは2017年にiMacに替えました。

その理由は、いつまでたっても新型Mac miniが投入されないから。

いい加減、待ちきれなくなったためiMacを購入した次第です。


とはいえ、iMacで満足しているというわけではありません。

なぜなら、iMacにはディスプレイ選択の自由がないから。

iMacの27インチは作業領域としての最低条件。今はiMacの27インチに縦置き27インチディスプレイを並べて縦横デュアルディスプレイ環境で使用していますが、メインディスプレイは31.5インチに拡張したいと常々思っています。

かといって、ゴミ箱型と揶揄されるMac Proあるいは最新(!)2014年Mac miniを今さら購入する気はさらさらありません。iMacを購入した今だって新型Mac miniの発売を心待ちにしているのです。

さて、新たに発売される(かもしれない)Mac miniですが、情報は"「Mac mini(マック・ミニ)」のプロフェッショナル仕様のアップグレード版を年内に発売"しか書かれていません。

そこで元記事にあたってみました。

The"Pro-Focused Mac mini"

元記事はこちらです。


Mac miniに関する部分を引用します。 

Apple is also planning the first upgrade to the Mac mini in about four years. It’s a Mac desktop that doesn’t include a screen, keyboard, or mouse in the box and costs $500. The computer has been favored because of its lower price, and it’s popular with app developers, those running home media centers, and server farm managers. For this year’s model, Apple is focusing primarily on these pro users, and new storage and processor options are likely to make it more expensive than previous versions, the people said.

 

  • "Apple is also planning the first upgrade to the Mac mini in about four years"
  • "For this year’s model, Apple is focusing primarily on these pro users, and new storage and processor options are likely to make it more expensive than previous versions"

 

  • Mac miniのアップグレードは4年計画
  • 今年のモデルはプロユーザーに焦点
  • どうやらストレージとプロセッサをオプションで選択できるらしい

 

2018年7月、何の前触れもなく新型MacBook Proが発売された件は記憶に新しいです。新型MacBook Proでこれまでと大きく変わったと言えるのは最大32GBメモリ・最大4TB SSDストレージを選択できること。

となると、新型Mac mini、あるいはMac mini Pro、もしくはPro仕様Mac mini(肉のハナマサみたいですが)・・・呼び方はともかく、プロセッサ・メモリ・ストレージマシマシの高価格Mac miniとして発売される可能性が高いと思われます。 

まとめ

Mac miniの魅力は、少なくとも2012モデルまでは次のような点でした。

  • ディスプレイを選べる
  • 省スペース
  • 低価格
  • 自分でメモリを増設できる(ストレージも)

自分の好きなディスプレイに接続できる省スペースマシンを求めるMacユーザーは決して少なくないと思います。今でも。

 

新型プロ仕様Mac miniは、もしかしたら手が出せない価格帯のものかもしれません。

でも、4年計画の間には最廉価モデルで5万円程度かつ蓋を開けてメモリを増設できる新型Mac miniが発売されることを期待してやみません。

ではまた。 

レゴで組んだMac miniスタンド。青いのはUSBファン。

f:id:browncapuchin:20161105170558j:plain

プライバシーポリシー/Copyright©2015-2018 おまきざるの自由研究 https://www.omakizaru.com